OJT研修成果発表

今日は新人研修のうち、組込技術者養成コースの、
OJT研修成果発表がありました。

「ハードに触る」ことから「ソフトの実装」まで
組込システム開発の基本を知り学ぶことを、OJTの狙いとしました。

研修内容としましては、3つ
・テスト工程ライクな演習
・ウォーターフォールライクな演習
・ライントレーサーの改良
です。

ロボット(ビュートローバー)を使い、
様々な動きやラインとレーサーの動きを披露してもらいました。

発表した新人は、学生時代とOFF-JTで基礎知識は学んでいましたが
現実世界で動作するものをプログラム制御するのは、今回のOJTが初めてで、
組込開発の先輩社員を指導者(管理者)として、
レビューを繰り返しながら、試行錯誤した2ヶ月間でした。

発表の最後に、本人からは「アルゴリズムを楽しく感じた」、
指導した先輩社員からは「(新人として)現場レベルの力が付いた」と
コメントがありました。

今後は開発プロジェクトにも加わり、新人エンジニアとして
デビューする予定です。

これからの活躍が楽しみです!